生地について

オンス(oz)とは

アイテム一覧の中でオンス(oz)という表現が使われていますが、
これはTシャツなどの重さを表す単位です。
数値が大きいほど、重くなります。
したがって、数値が大きければ厚手生地、逆に小さければ薄手生地となります。

3~4オンス 薄手生地で価格も非常にリーズナブルでイベント用などによく利用されます。
5~7オンス ヘビーウェイトと呼ばれる厚手生地で、特に6オンス以上は高品質なハイグレードタイプになります。
9~13オンス スウェットやパーカーの生地厚です。

アイテム選びのご参考にしてみてください。

生地の特徴

天竺

天竺

よこ編みの最も基本的な編組織で、正式名称は“平編み”。編み地は薄く、広範囲に使用されています。表側の網目はV字型に、裏側の網目は半円状に見え、表裏で違えた表情が特徴的です。一般的なTシャツによく使われている編み方です。

フライス

フライス

よこ編みの基本編組織のひとつ。表目の編み目のたて列(ウェール)と、裏目の編み目のたて列が交互に配列され、その名前のとおり、よこ方向への伸縮性に優れた編物として愛用されています。

裏毛(裏パイル)

裏毛

3種類の異なる糸を用いて、専用の編み機で編み上げた、スウェットなどに広く使われる編み方。表側は表糸で覆われ、平編と同じく、美しい外観が特徴です。

裏起毛

裏起毛

前述の“裏毛編み”の裏面組織を、特殊な加工で起毛させたもの。太い糸が毛羽立ち、柔らかく、温かみのある手触りに。空気を多く含むので、防寒性も◎。

鹿の子

鹿の子

平編にタックを応用した変化組織で、数種類の編組織が存在します。編地に鹿の子状の細かい隆起があり、平編に比較してよこ方向への伸縮が少ないのが特徴です。

ハニカムメッシュ

ハニカムメッシュ

“蜂の巣編”や“ハニーコーム”とも呼ばれる編み方。その名のとおり、蜂の巣状の凹凸ある編み目が特徴です。厚みがありつつもサラっとした肌触りです。

ポリエステルメッシュ

ポリエステルメッシュ

ポリエステル100%仕様で、薄く、軽く、速乾性に優れた素材です。メッシュの細かな凸凹やスケ感は、見た目も手触りも爽やか。高い通気性が自慢です。

ダンボールニット

ダンボールニット

表面糸と裏面糸、そしてそれらを繋ぐ中糸の、計3種類の糸で構成されます。厚みがありつつも柔らかく軽量。表糸と裏糸、両方の素材感が楽しめます。

平織り(タフタ)

平織り

三原組織のひとつ。たて糸、よこ糸ともに各二本ずつで完全組織を作り上げ、いずれの糸も交互に交錯した織物。摩擦に強く耐久性に優れ、強固さが特徴です。しわになりにくい特徴もあります。

綾織(ツイル)

綾織

たて糸、よこ糸ともに、各3本以上から完全組織が作られる、三原組織のひとつ。斜めの綾線が特徴。平織りよりも糸の密度を増し、地を厚くすることができます。しわになりにくい生地です。

朱子織

朱子織

平滑で強い光沢があり、地は厚くとも柔らかい、三原組織のひとつ。全体に糸の屈曲は少なく、たて糸、またはよこ糸のどちらか一方のみが表面に現れます。

ご注文前にお読みください。

▶ テルミイメージ動画(2分28秒)