データ入稿について

※適当な内容を入れています。内容を書き換えてください。

お客さまが直接デザインを考えて頂いた際の入稿方法

パソコンデータ

データで入稿する。
Adobe llustratorで制作したものが適切ですが(要アウトライン)、Adobe Photoshopでの入稿も可能(但し原寸で解像度が400dpi必要)です。
入稿メディアはCD-R,MO,FOを推奨しています。
※絵柄の確認のため、出力見本を添付してください。

データとして扱えないもの

ホームページから取り込んだ画像。
HTML言語で作成されたもの。
イラストレーター、フォトショップ以外で作られたデータ。
※紙にプリントアウトされたもであれば、原稿として使える場合もございます。ご相談下さい。

データ入稿ができない場合

1、手書き原稿

御自身で描かれたイラストや文字も、プリントすることができます。
入稿の際には、プリントしたい原画をご用意ください。
実寸かそれ以上の大きさでお書き下さい。
シャーペンより、ペンなどある程度太く、はっきりと書ける物でお書き下さい。
色名は、原稿に直接書き込まないで下さい。

汚れ等には、十分お気をつけ下さい。
手書きだからこその表現が可能です。

2、印刷物や清刷り原稿

印刷されている原稿を入稿する場合、実際のプリントサイズより大きいサイズのものが適当です。
※御注意 印刷物から流用する場合、著作権に関わるキャラクターなどの、プリントは堅くお断り致します。予めご了承ください。

ご注文前にお読みください。

▶ テルミイメージ動画(2分28秒)