月別アーカイブ: 2020年8月

テルミの金・銀

8月も最終日、31日になりました!

本来なら今日が学生の夏休み最終日なんでしょうが、コロナの影響で既に学校が始まっているところも多いですよね。

さて今回は、弊社で扱っている金と銀のプリントについてご紹介いたします。

 

プリントにおいて金銀色でプリントする場合、シルクプリントかカッティング転写のどちらかでの加工になります。

でもどういう風に違うのか?金額の違いは分かっても、仕上がりの違いは一番に分かりたいところですよね。

なので、実際にプリントしたものを比べてみました!

上からシルクプリントのゴールド、シルバー、

カッティング転写の艶有りゴールド、リアルゴールド、シルバー、

カッティング転写の艶無しゴールド、リアルゴールド、シルバー、

となっています。

カッティング転写は艶があるものとないものの二種類があり、基本的に艶のあるシートを使用しています。

それぞれのプリントをアップするとこんな風になります↓

【シルクプリント】

*シルクプリントは版を作ってインクを刷るものになります。

 

【カッティング転写艶有り】

*カッティング転写はアイロンシートを熱転写で圧着するものにあります。

【カッティング転写艶無し】

 

 

こうしてみるとカッティング転写の艶無しはゴールド・リアルゴールドが黄土色、シルバーがグレーに見えますね。

カッティング転写で黄土色やグレーを使いたいという場合は、艶無しをご指定ください。

 

【ゴールド系を並べてみた場合】

【シルバー系を並べてみた場合】

 

【プリントについてのメリット】

シルクプリント:耐久性が転写プリントより強い、多い枚数向け

カッティング転写:光沢が強く見える、小枚数で小さなデザインの場合は金額が安い

【プリントについてのデメリット】

シルクプリント:製版代がかかるため、小さいデザインで少ない枚数だと少し金額が高くなる

カッティング転写:細かいデザインの場合、艶有りはレーザーカットが出来ない

 

詳しい金額が知りたい場合は、商品ページから無料お見積り依頼を送ってください。⁽⁽ ◟(ˊωˋ)◞ ⁾⁾

もしデザイン内容が決まっている場合は、そちらも添付していただけると有難いです!

 

 

以上、テルミの金と銀のご紹介でした。

金額、耐久性、納期等によってプリント方法が変わってくることもありますが、仕上がりからプリント方法を決めるというのも良いかもしれませんね!

 

 

うさのぎ🐇

 


投稿日 : 2020年8月31日

どれが本物?

気が付けばもう8月が終わりそうですね・・!

時の流れが速く感じる程忙しい日々を送っていますが、現場の方からサンプルを作っていただいたので、ブログにてご紹介します(‘ω’)ノ

 

今回はインクジェットプリントのご紹介です。

まずはこちら↓

実はそれぞれの写真の中で、一本だけプリントではなく本物のボールペンが混ざっています。

どれが本物かわかりますか?

更にもう一枚

ペンと色鉛筆の混合です。こちらは二本本物が混ざっています。

(正解はブログ最下部に)

 

影や光沢まで出ていてわかりにくい・・・!

筆者もパソコンの前で少し考えました。

疲れた目と脳も合わさると「うーん・・・・・うん?ん?」ってなります。

この布と本物が一緒に床に置いてあったら、うっかり本物を踏んずけてウ”ッッッ!!!となりそうで仄かに危険な香りがします。ドキドキしますね。

いたずらに使えそうです。(良い子はマネしないでね)

昔新聞紙を丸めた物に薄く紙粘土を貼り、そこから石そっくりに色を塗ってなんちゃって石を作ったのを思い出しました。本物の石と一緒に置くとどれが本物かわからないというアートです。

インクジェットプリントもある程度しっかり印刷されるので、こういった面白いトリックアートが作れるのは良いですね!

昇華プリントも割と綺麗にプリントされるので、そっちでもいい感じに出来ないか挑戦してみたいところです。

8月が終わるといってもまだまだ暑いので、お体にお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

【答え合わせ】

 

でした!

皆さんはわかりましたか?

 

 

うさのぎ🐇


投稿日 : 2020年8月27日

夏季休暇のお知らせ

8月8日~10日、13日~16日の間は夏季休暇となります。

その間のご連絡に関しましては、休み明けのご対応となります。

ご不便お掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

 


投稿日 : 2020年8月7日